地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ編集部が取材してきました!! 八千代のあれこれ♪

2016年第49回 習志野八千代 子どもと教育を語るつどい 取材レポート

~いのち輝け 地域で育つ21世紀の子どもたち~

2016年11月13日(日)八千代台で教育について語るイベントが開催!!

2016年11月13日(日)に八千代台の八千代市立八千代台小学校にて「第49回 習志野八千代 子どもと教育を語るつどい」開催されました。映画「みんなの学校」上映や各項目に分かれた分科会など幅広く教育について考える場が八千代台で行われました。
まいぷれ八千代編集部もイベントに参加、ざっくりとですがイベントレポートです。それではご覧ください。

映画「みんなの学校」上映後は大阪市立大空小学校初代校長 木村泰子さんの講演

元大阪市立大空小学校初代校長
木村康子さん ご紹介


大阪市生まれ。大学卒業後、70年に小学校教員となる。
「みんなが作るみんなの学校」を合言葉に、子ども、保護者、地域住民、教職員一人ひとりがつくる大阪市立大空小学校の初代校長を9年間にわたり務める。
2015年春に退職。現在は全国各地で講演活動、教員研修、執筆などを続けている。2016年9月24日朝日新聞「be」面にその活動が大きく取り上げられている。
その記事の中に次のような文がある。
「子どもは子どもどうし、一緒に学び合う。どんな理由でも、子供を分断した環境で学びは成立しない」障がいの有無にかかわらず一緒に学ぶ「インクルーシブ教育」が注目されるずっと以前からの持論を実践した。

映画「みんなの学校」詳細はこちら

校長を務めていた当時のお話しや教育について

講演を聞いている方は真剣なまなざしでメモをとる方もいれば、先生の熱い思いが伝わったのか頬を涙で濡らす方も多くみられました。
講演の中で、「障がいはその子の個性、つぶすのではなく伸ばすもの!」
障がいを長所と捉え、その子の周りの子をどれだけ育てられるかも肝心。
ポジティブに少し考えの視点を変えるだけでこんなに違う思考が生まれるのだなと感じました。木村さんの時折笑い話も入りながら教育について熱く語る姿に心打たれる方も多かったのではないでしょうか??

講演後は様々なジャンルに分かれた分科会が行われました。

分科会は7つの議題にわかれ行われました。子どもと一緒に参加する科学広場もあれば国際交流、教師力を磨く会などジャンル様々。参加している方の年齢層も幅広く、子育て世代の方はもちろん若い方から年配の方まで多くの方々が参加していました。子どもについて本気で語る交流の場が少ない今、八千代でこういった本気で教育の未来を語るイベントは非常に大事だと感じます。今後も八千代で開催してほしい。そういう方も多いのではないでしょうか?

映画「みんなの学校」公式ホームページ
http://minna-movie.com/

主催 習志野八千代 子どもと教育を語るつどい実行委員会
後援 習志野市・習志野市教育委員会
   八千代市・八千代市教育委員会

PICK UP 八千代のお店 ~学ぶ・スクール~