地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【たのしいね! お正月あそび】 アドラーの心理学

 あいラヴKIDs 保育園のニュース

【たのしいね! お正月あそび】 アドラーの心理学
お正月遊びを楽しんでいます。
イノシシをつくってお部屋に飾り、写真にはありませんが、かるたや福笑いに集中。
公園ではレジ袋のたこ揚げです。高く揚げたくて、一生懸命に走っています。
「いっくぞ~!」「あがれ~~!」「みてみて! とんだよ!!」
今に伝わる遊びは、今でも大いに子どもたちを喜ばせてくれます。伝統は大事にしたいですね。


さて、アドラーの心理学を少し勉強しようと思っています。ちょっと前に、テレビドラマでも取り上げられましたね。 子どもとのかかわりについて、心しておきたい部分を紹介しておきます。

子供にとっては家族が世界のすべてなのだ。
 親に愛されなければ死ぬしかない。
 だから子供たちは全力で親に愛されようとする。
 そのときとった命がけの戦略がそのまま性格形成につながっていく。

 行動するたびに叱られ、褒められて育った人間は、
 叱られるか褒められるかしないと行動しなくなる。
 「よくできたね」と褒める必要はない。
 ただ「ありがとう」と感謝を伝えるだけでいい。
 感謝される喜びを知れば、自ら進んで周囲に貢献しようとする人間になる。

 「よくできたね」とほめるのではない。
 「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。
 感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう。
幼稚園・保育園・一時保育[保育園(月保育・一時保育)/愛情教室/ベネッセこども英語教室]

あいラヴKIDs 保育園

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ