地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【くらしの情報】 食中毒を予防しましょう

ページID:000008098

2021年7月20日 更新

 

千葉県は、食中毒警報を7月20日に発令しました。

食中毒警報は、県内において真夏日(1日の最高気温が30℃以上)が3日以上継続した場合に発令されます。

 

食中毒は1年を通じて発生していますが、特に、気温と湿度が高くなる夏は細菌の活動が活発になり、細菌による食中毒が発生しやすい季節です。細菌が原因の食中毒予防の3原則は「細菌を付けない・細菌を増やさない・細菌をやっつける」です。

食中毒は家庭でも発生しています。主な症状は、下痢、吐き気、腹痛、発熱などがあり、乳幼児や高齢者は重症化する可能性があります。
家庭でも以下のことに気を付けて、食中毒を予防しましょう。

 

細菌が原因の食中毒予防の3原則

細菌を付けない(清潔・洗浄)

  • 手洗いが基本です。調理中はこまめに、食事の前も手を洗いましょう。
  • 生で食べる野菜や果物は、流水で土や汚れを洗い流しましょう。
  • 肉類や魚介類など汁が出るものは、ポリ袋などに入れて汁が他の食品につかないようにして保存しましょう。
  • 調理器具は用途別に使い分けましょう。
 

細菌を増やさない(迅速・冷却)

  • 調理は迅速に行い、調理後は早めに食べましょう。
  • 食品は室温に長時間放置せず、冷蔵庫で保管しましょう。
  • 1回で食べきれる分だけ作るようにしましょう。食べきれないと思ったら箸を付ける前に別の容器や食器に取り分け、ふたやラップをして冷蔵庫に入れましょう。
 

細菌をやっつける(加熱・殺菌)

  • 食品、特に肉類や魚介類は中心部まで十分に加熱しましょう。
  • 食品を温めなおす時も十分に加熱しましょう。
  • 調理後、器具はよく洗いましょう。熱湯や塩素剤などで消毒すると、より効果的です。
 

食事のテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達・出前)で気を付けたいポイント

食事のテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(配達、出前)の利用をする機会が増えました。
これらを利用するときに気を付けたいポイントを紹介します。
  • 1回で食べきれる分を注文する。
  • 持ち帰る時は、保冷バッグや保冷剤を活用する。
  • すぐに食べない時は冷蔵庫で保管する。
  • 温めなおして食べる時は、中心部まで十分に加熱する。

関連リンク