地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【くらしの情報】 新型コロナワクチン接種(予約窓口)

ページID:000015408

2021年9月10日 更新


 台風の接近等により集団接種を中止する場合については、「台風や大雨の影響などに伴う集団接種の対応について」をご覧ください。

 ワクチン接種のスケジュールや接種を受けるまでの手順等については、「新型コロナワクチンの接種について」をご覧ください。
 

1. 12歳から64歳までの方等の新型コロナワクチン予約

 12歳から64歳までの方の予約については、下記をクリックしてください。
 なお、「初めて予約をする高齢者(65歳以上)の方」についても、こちらからご予約をいただけます。


 12歳から64歳までの方の新型コロナワクチン予約


 個別接種について、医療機関により接種できる対象者が異なります。(例:12歳~17歳の子どもや妊娠している方は受け入れていない等)
 ご予約の際は、必ず「ワクチン個別接種可能な医療機関一覧」をご確認のうえ、ご予約するようお願いいたします。
 

未成年の方のワクチン接種について

 12~15歳の方は、原則保護者の同伴が必要です。
12~15歳の方保護者の同意が必要です。
予診票に保護者が署名のうえ、会場には原則、同伴してください。
16歳以上の方保護者の同伴がなくても、接種が可能ですが、予診票の電話番号欄に保護者と連絡のつく緊急連絡先の記載をお願いします。
 ワクチン接種時に体調を崩すような事例があることから、16歳以上の方も、出来る限り保護者の同伴をお願いします。

 

2.高齢者(65歳以上)の方の新型コロナワクチン予約

 7月21日以前にすでに予約が確定している高齢者(65歳以上)の方の予約については、下記をクリックしてください。
 
 高齢者(65歳以上)の方の新型コロナワクチン予約

 

3.妊婦の方等の優先接種について(8月26日更新)

 安心して妊娠・出産期を過ごせるように、接種を希望する妊娠中の方、及び妊婦をサポートする方を対象に、集団接種の優先予約を行います。詳しくは下記をクリックしてください。

 妊婦の方等の優先接種について


 

4.住所地外での接種について

 新型コロナワクチンは原則として住民票のある市町村で接種を受けていただきますが、やむを得ない事情で住所地外に長期滞在している人は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に申請することで、住所地外の医療機関等で接種を受けることができます。
 

申請方法(八千代市に長期滞在している人)

以下のいずれかの方法で、住所地外接種の申請をしてください。その後、「住所地外接種届出済証」が発行されますので、ワクチン接種の予約をして接種を受けてください。

(1)郵送申請
   「住所地外接種届」に必要事項を記入の上、クーポン券のコピーを同封して、健康づくり課へ郵送

(2)窓口申請
   「住所地外接種届」に必要事項を記入の上、クーポン券のコピーを添付して、健康づくり課に持参

(3)WEB申請
   「コロナワクチンナビ」から申請 下記のリンクからアクセスできます。
    コロナワクチンナビ住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)(別ウインドウで開く)
  ※郵送・持参先:〒276-0042 八千代市ゆりのき台2-10 八千代市健康づくり課
※「住所地外接種届」は健康づくり課窓口で配布のほか、下記からダウンロードもできます。
  住所地外接種届
 

申請が不要な場合

以下の場合は申請は不要です。
  • 入院または高齢者施設などに入所中の人
  • 基礎疾患を持つ人が主治医の下で接種するとき
  • 副反応のリスクが高いなどのため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった人
  • 勾留または留置されている者、受刑者 など
 

「WEB申し込みフォーム」から予約を希望する方へ

 住所地外接種の申請をしていただくと「住所地外接種届出済証」が発行されますが、そのままでは「WEB申し込みフォーム」から予約をすることができません。
 お手数をお掛けし大変恐縮ですが、ご予約にあたっては市コールセンター(0570-001-098)へご連絡をお願いいたします。   
     

5.国が実施する大規模接種センターでの接種について 

 国が設置した大規模接種センターにおいてもワクチン接種をお受けいただけますので、ご検討ください。予約のお申し込みはWEBやLINE等からの受付となります。
 詳細は下記のリンク先をご覧ください。
 

6.千葉県ワクチン接種センターについて(9月10日更新) 

 千葉県が設置するワクチン接種センターでもワクチン接種をお受けいただけますので、ご検討ください。受付は9月14日(火)からです。
 詳細は下記のリンク先をご覧ください。
 

7.もしもワクチン接種により副反応が起きた場合について

(1)八千代市の対応

 八千代市における新型コロナワクチン接種後に副反応が出た場合の対応については、下記のリンク先をご確認ください。 

(2)副反応や救済等に関する相談窓口

千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口

 新型コロナワクチンの副反応等に係る相談に対応するための千葉県の相談窓口です。
  電話番号:03-6412-9326
  受付時間:24時間(土曜日・日曜日、祝日含む)
  

厚生労働省の電話相談窓口

 (厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター)
  電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
  受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も実施) 
 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」をご覧ください。
 

8.関連ページ