地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【くらしの情報】 八千代市における新型コロナウイルス感染者の発生について

ページID:000014243

2021年7月27日 更新

 令和3年5月23日以降、千葉県より公表される本市の新規の感染者情報について、原則として翌開庁日にホームページとやちよ情報メールにてお知らせします(大型連休中については、不定期で更新する場合があります)。
 なお、県内の新型コロナウイルス感染者に関する最新情報は下記のリンク先で、ご覧ください。

 本市の感染者状況としましては、7月10日以降、1日10人を超える日数及び1週間あたりの平均感染者数が増加傾向にあります。市民の皆様にはご不便をおかけしますが、感染拡大を何としても抑えるために、不要不急の都道府県間の移動、東京都等 緊急事態宣言区域との往来は、極力お控えください。また、「3つの密(密閉・密集・密接)」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いやアルコール消毒などの手指衛生」等の基本的な感染対策にご協力をお願いいたします。

市内居住者の発生状況

7月26日、千葉県より、八千代市で新型コロナウイルスの新たな18例(1754~1771例目)の感染者が確認されたという報告がありました。  
市事例
※1
県番号
※2
年代性別クラスター
関連※3
感染者の概要公表日
1771例目無症状706510代男性千葉県発表の概要資料
 
7/26
1770例目無症状706280代女性
1769例目無症状705930代女性
1768例目患者3860330代女性
1767例目患者3860120代女性
1766例目患者3860050代女性
1765例目患者3859980代女性
1764例目患者3859650代女性
1763例目患者3859520代女性
1762例目患者3859430代女性
1761例目患者3858720代女性
1760例目患者3858650代男性
1759例目患者3858430代女性
1758例目患者3858320代女性
1757例目患者3858150代女性
1756例目患者3858030代女性
1755例目患者3857930代男性
1754例目患者3857740代男性
※1  欠番が2例(市514・884例目)生じたため、最終の市事例番号と感染者の総数は一致しません。   
※2  県番号について
   患者:千葉県が公表している患者番号
   無症状:千葉県が公表している無症状病原体保有者番号
※3 感染者がクラスター(集団感染)に関連している場合に県のクラスター番号を掲載します。
  なお、クラスターの発生場所が千葉市・船橋市・柏市の場合は報道発表に基づく内容を掲載します。

以前の感染者情報について
 上表に掲載している感染者情報よりも前の情報については「八千代市における新型コロナウイルス感染者の発生について(以前の感染者情報)」をご覧ください。
 

新型コロナウイルス感染者に関する公表について

「新型コロナウイルス感染者に関する公表について」

市内における感染者数等のグラフ(令和3年7月26日時点)

●市内における新規感染者数(1週間平均)
(令和3年7月1日~7月26日)

※用語について
 判明・・・推定感染経路が「患者接触」「集団発生」「海外渡航者」等の者
 不明・・・推定感染経路が「不明」「調査中」等の者

以前の市内における新規感染者数のグラフについて
 上図よりも前のグラフについては「以前の市内における新規感染者数のグラフ」(pdf)をご覧ください。

●市内における年代別感染者数

 

市内施設における新型コロナウイルス感染症の集団発生について

新型コロナウイルス感染者の状況内訳

 千葉県から、新型コロナウイルス感染者の状況内訳についての情報提供がありましたので、お知らせします。
令和3年7月22日時点
 感染者数入院中自宅
療養
入院・ホテル
療養等調整中
ホテル
療養
施設内
療養
退院・療養解除・死亡その他
八千代市1714人27人20人9人20人0人1638人0人
この情報は、千葉県からの情報提供に基づき、週に1回程度更新します。
 

県内における軽症者・無症状の陽性者向け宿泊施設の状況

千葉県の発生状況

市内居住者の再陽性者の発生状況

市内における新型コロナウイルスに関連した感染者の死亡について

八千代市役所職員での発生状況

新型コロナウイルス感染症に関連する差別や偏見について

 新型コロナウイルスについては、未だ治療法やワクチンによる予防法が確立していないことや、感染拡大による社会的な混乱などから生じる不安から、差別や偏見が全国的に大きな問題となっています。公的機関等が提供する正確な情報の入手に努めると同時に、一人ひとりがお互いを思いやる気持ちをもって、冷静な行動を取るようにお願いします。詳細は下記のリンクをご覧ください。

関連リンク