地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

TRC八千代中央図書館・オーエンス八千代市民ギャラリー

オープン4周年祭が開催されました!

“生涯学習”をコンセプトに、2015年7月1日にオープンしたTRC八千代中央図書館とオーエンス八千代市民ギャラリー。毎年この時期に施設をあげての周年祭を実施しています。
6月30日(日)に開催された「オープン4周年祭」の様子をお届けします!

ケビンさんの英語DEおはなし会

"Yes!!" "No!!" "Upside down!!!"

研修・会議室に集まった子どもたちの声が響きます。
小学校3年生までを対象に開かれた、大人気ケビン先生による英語のおはなし会は、たくさんの親子連れでにぎわいました。

英語カードで神経衰弱をして、英語の絵本を読み聞かせようとケビン先生が座ったところで、冒頭の声。絵本がさかさまなのを見逃さなかった子どもたちが、"Upside down!!!"(さかさまだよ!)と笑顔で声をかけます。
大きなジェスチャーで、感情豊かに読み上げるお話に、みんなが夢中。英語があまりわからない子どもたちも、十分に楽しめるおはなし会となりました。

きららさんの人形劇

カエルの人形を手に現れたのは、きららさん。中央図書館のおはなし会でおなじみです。この日は、人形たちが活躍する「おはなし劇」と「音楽劇」が開催されました。
『おもちゃのチャチャチャ』に合わせて箱を飛び出したおもちゃたちが繰り広げる冒険を、子どもたちは食い入るように見つめます。色画用紙で作ったカエルを両手につけて歌う『かえるの合唱』では、子どもたちも前に出て、会場一体となって一緒に歌いました。

ほんぺんと新元号をさがせ!

あたらしい元号は、みんな知っているかな?
施設キャラクター「ほんぺん」のために、みんなで新元号をさがそう!と、館内に散らばったヒントを探してまわります。「令和(れいわ)」のカードは、見つけられたかな?

やっちとチーバくんがやってくる!

八千代市キャラクターの「やっち」と、千葉県PRマスコットキャラクターの「チーバくん」が、「ほんぺん」と一緒に館内に登場! またたく間に行列ができて、撮影会が始まりました。

「ほんぺん」は背中に本を背負っていて、後ろ姿もとてもかわいかったですよ!

「靴郎堂本店」 “Shue Picnic”

クツをテーマにした展示会は、さまざまなグッズでピクニックを楽しむ親子連れでにぎわいました。
クツをモチーフにしたすべり台やテントは、子どもたちがすべり降りたり中に入ったり。写真奥の赤と黄色のクツは革で作られていて、革のいい香りが! クツをはいたテーブルは、なんだか今にも歩き出しそうですね。

アーティストによるワークショップ

 

クツのアーティストによるワークショップも行われました。


■紙コップでくつ作り
紙コップでクツの形を作り、マジックやテープで飾り付け。一生懸命に作ったクツを抱きしめるように持ち帰る姿が微笑ましい!

 

■四角いブロック型くつ作り
段ボールを使って、「くつみき」(クツの積み木)を作ります。色とりどりのガムテープを貼って作るカラフルなクツは、パズルのように組み合わせて、積み木として遊べます。

「中川ケミカル」 “光のらくがき”

カーテンをくぐると、そこはほのかな灯りのみの暗闇。
大きなホワイトボードに光を当てると……落書きができてしまう!
実はこのボード、特殊な蓄光シートで、光のペンを使って絵を描くことができるのです! コツをつかめばご覧の通りスイスイと書けちゃいますよ!

アーティストによるワークショップ

 

 

中川ケミカルのカッティングシート(R)を使って、うちわや仮面に模様を付けます。

大きめのカッティングシート(R)をハサミで切ったり、シール上の小さなものを貼り付けたり、重ねると色の濃淡が出て立体感が増します。

想像力を自由に働かせて世界に一つのうちわや仮面ができあがりました。

藤原感市スマホ写真展― Fantastic Water Surface ―

まるで絵のような作品は、実はすべてスマートフォンで撮影したもの。身近な場所の何の変哲もない状況で、視点を変えて独特の世界観を撮影する藤原さん。「地球が描いた絵を拾う拾い屋です。あるものそのままでキレイ。世界を旅して遠くばかり見て来たけど、近くにも素晴らしい光景がありました」と語ってくださいました。

「ムンドノーボぽこブヨ~ダン」がやってくる!

個性的な人形たちが、くるくると回って踊る、摩訶不思議な世界。

子どもたちが自由にさわることができ、大人気のコーナーでした。ロープを引っ張って歩くと、まるで小さな舞踊団がパレードをしているかのよう。
この小さなサーカス音楽隊が連なり、音楽を奏でながら織りなすのは大パレード「ムンドノーボぽこブヨ~ダン」!

館内を練り歩き、建物を飛び出し、雨あがりの空の下、ゆらゆら橋を見ながら楽しい時間を過ごしました。

食のイベント開催!


お腹が空いたら、施設内のカフェ「アルトマーレ」へ!

この日はカフェの近くに“デリカデッセン DANKE”(ソーセージとドイツパン)、“NORIS BAKERY”(パン)、“やちよ村”(地域の特産品)が出店し、カフェでのんびりと休憩するファミリーも。近隣のお店の移動販売に、買い物を楽しむ様子も見受けられました。

 

 


4周年を記念して行われた「4周年祭」は、たくさんの地元の方々が訪れ、盛況のうちに幕を閉じました。