地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

市川・船橋・習志野方面の企業様への「リスクマネジメント及びメンタルヘルス対策のご提案」

 ermitage(エルミタージュ)のニュース

市川・船橋・習志野方面の企業様への「リスクマネジメント及びメンタルヘルス対策のご提案」
〜「うつ」の経験を持つメンタルヘルス指導員として、企業と個人に対してできること〜

現在、多くの職場でメンタルヘルス不調者の問題が増加しており、日本の企業の約60%が「会社に不調者がいる」と回答、その内の約30%は「連続1ヶ月以上休職している」状態です。

不調者がいる職場では、周囲の負担が増え、成果は思うように上がらず、もし休業が長期にわたる場合は、新たな不調者が出る可能性も高まります。

また、近年は民事訴訟で企業の責任が追及されたり、労災認定がなされたりする例も増加しており、リスクマネジメントの観点からも、メンタルヘルス対策の推進が重要視されています。

実際に不調者が出た場合、回復に時間を要するため、企業・職場への影響も大きく、経済的損失は免れません。

不調の原因の第1位は「職場の人間関係」、その他「仕事量の増大」「仕事の責任の増大」「本人の性格の問題」などが主なものです。

早くから危機意識を持ち、メンタルヘルス不調を未然に防ぐ「予防対策」に力を入れた企業では、「職場環境の改善による休職・離職者の減少」という顕著な効果が見られています。

まずは、会社としても個人としても、メンタルヘルスについての理解と、対策の必要性について考える機会を設けて頂ければ、と思います。

〜「うつ」の経験を持つメンタルヘルス指導員として、企業と個人に向けてできること〜

◆ 企業に対しては…
• 管理者・人事・職員などへの研修・勉強会・セミナーの実施や提案
• 不調者やリハビリ出勤者への周囲の具体的な接し方ついて など

◆ メンタルヘルス不調者に対しては…
• 必要な情報の提供(医療機関その他)
• 健康行動指導
• 心理カウンセリング(認知行動療法)
• 問題解決に向けての具体的方法
• 職場復帰プログラムの作成
• リワーク支援 など

最も注意が必要なのは「職場復帰のタイミング」です。

焦って早期に復帰すると、うつの場合は再発する可能性が高く、重症化して、回復には更に長い時間を要します。

私自身の「うつ」の経験が、一人でも多くの方のお役に立てれば幸いです。

カウンセリング&セラピールーム
ermtage 柴田清加

占い・カウンセリング[心理カウンセリング]

ermitage(エルミタージュ)

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。