地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

日米進学通信2018年度6月号「ケアレス・ミスの防ぎ方」

 日米文化学院 本校 進学教室のニュース

日米進学通信2018年度6月号「ケアレス・ミスの防ぎ方」
 季節は梅雨となりました。中学生は部活の最終下校時刻が遅くなったり、また、各種検定試験や定期テストがあったりと、体力的にも精神的にも年間を通じて一番キツイ時期かも知れません。特に体力がまだまだついていない中学1年生にとっては、3年間でも一番辛いときだと思います。そんな中、元気に日米に通って来てくれている生徒の皆さんはそれだけで素晴らしいのです!

 また、中1生にとっては初めての定期テストもありました。既に中間テストの結果が出ている昨年の中学受験YTコースの卒業生達も続々と報告に来てくれました。中には県内有数の難関中学に入学後もしっかり努力を続け、見事にクラス1位をゲットした生徒もいます。その他の皆もそれぞれに頑張ってくれていました。「入試で勉強が終わる訳ではない」ということをしっかりと分かってくれていたことを本当に嬉しく思いました。これから定期テストがある皆さんもあとに続いていきましょう!

 ただ、思う通りに結果が出なかった人がいたことも事実です。テストが終わった直後には「簡単だった!」と言っていたのにテストが返却されると思ったような点数になっていなかった人や、「本当は絶対に満点取れてた!」と後悔している人もいました。そんな人達が口にする言葉を集約するとこの一言に尽きるかも知れません。すなわち、「ケアレス・ミスさえしていなければ・・・。」そして、この言葉は、なぜかどんなに勉強が苦手な子でも口にする言葉なのです。

 では、このケアレス・ミスを防ぐにはどうすれば良いのか?これは昔から散々議論されていたことでもありますが、結論としてそれを防ぐ絶対的な方法などはありません。一概にケアレス・ミスといってもその原因は様々だからです。だからといって、塾として無策である訳にもいきません。ケアレス・ミスで人生が変わることだってあるからです。例えば数年前の公立高校入試の開示得点を分析した結果、ある難関高の前期入試で1点どころか、0.5点差で涙を飲んだ日米生がいました。ケアレス・ミスによる失点を1問でも防げていれば合格できていたのに・・・。結局、後期入試では志願変更し、本来の志望校の合格点を大幅に上回る点数で次善校に合格したのでした。

 ケアレス・ミスを防ぐために付け焼刃的な対策は意味をなしません。所詮、テスト結果は普段の積み重ねの上にあるのです。だから、大切なのは授業中の演習や家庭学習で3つのこと、すなわち「問題文を最後までしっかりと読む」「設問で書かれている条件や指示通りに答える」「見直しをする」を必ず行うことなのです。このように書いてあると簡単なように思えますが、実際にこの3つのことを「無意識」にできるようになるのは大変、というより不可能なのかも知れません。だから、問題を解くときには毎回、「指差し確認」をするくらいの意識が必要です。

 また、日々の生活で「ちょっとしたこと」に気を配れる人は得てしてつまらないミスをすることが少ないように思えます。例えば、「授業後に机の上の消しカスをまとめて捨てられる」「脱いだ靴をきちっとそろえられる」「目の前にあるゴミを拾える」などです。結局、「ちょっと気になること」を「まぁ、いいや」で終わらせるか、「当たり前のようにできるか」という違いが大事な局面で表れるのではないでしょうか。

 ただ一番問題なのは、「ケアレス・ミス」だと言っているけれども、実はその問題に対する根本的な理解が足りなかったり、そもそもの原因が練習不足であったりする場合(計算ミスを重ねる人は実はこのパターンが多い!)なのです。だから、間違いの原因が本当にケアレス・ミスなのかどうかをしっかり検証する必要があります。その検証の機会として大切なのが、「OK!学習法」を行う際の講師によるチェックなのです。だから、定期テスト前の「OK!学習法」の期間を「どうせ自習でしょ!」などといって休むのはもっての外です。日米の授業に「自習」という時間はありません。それこそ、定期テスト対策の授業も来るのは「当たり前」だと考えて下さい。

 いよいよ、来月から夏期講習が始まります。「算数・数学特訓」や幕張国際研修センターでの「特訓合宿」など様々なイベントでいつも以上に生徒の皆さんと共に過ごす機会が増える時期でもあります。お互いに意識し合うことで「当たり前のことを当たり前に出来る」ことを増やす大きなチャンスです。このことを講習開始前に日米全体に浸透させて参ります。

 今月もよろしくお願い致します。

カテゴリ

学習塾・予備校[(国公立、私立)中高一貫校中学受験/高校受験/大学受験]

日米文化学院 本校 進学教室

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。