地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

【スイカ あまぁ~い!】 「母子の良好な関係」(続)

 あいラヴKIDs 保育園のニュース

「【スイカ あまぁ~い!】 「母子の良好な関係」(続)」
保護者の方にスイカの差し入れをいただき、スイカ割りをしました。
一発でスイカのど真ん中を叩けた子もいれば、右に左に空振りした後にペタン!
一巡した後は、もっと叩いてみたい子たちが3回、4回とスイカに向かう。最後には、頭上に棒を大きく振りかぶって、バチ~~ン! ストレス解消!!
スイカに包丁を入れてパカンと半分にすると、「あかだぁ~」「おいしそう~」との声。そして、切り分けてくれるのを食い入るように見つめ、スイカが配られるのを静かに待てました。
とっても あまぁ~いスイカで、全員がおいしそうにペロペロと。3切れも食べたのに「もっとちょうだ~い」。だけど、給食の前で、お昼御飯が食べられなくなるといけないのでちょっと我慢してもらいました。


前回紹介した澤口氏の言葉に「母子の良好な関係」あるいは「母子密着型育児」とありましたが、これは子育てとして特別のことをすることではありませんね。授乳する、おむつを替える、子どもからの語りかけに応えてあげたり、語りかけてあげたりなどの毎日の繰り返し、スキンシップの中で、愛情は十分に伝わります。何よりも大切なことは「子どもの存在そのものに対する無条件の愛」(マズローの言葉)、すなわち、生まれてきてありがとう、あなたはそのままでいいよと思える親の気持ちでしょう。そのために、いつも心に余裕を持つようにしましょう!
余裕があれば、子どもが何を見て、何を聴いて、何を感じているのかを見守ってあげられます。また、話している子どもの関心に関心を持って聴くことができます。親として“受け取る能力”を磨いていくことも大切です。
〇子どもが差し出したものを“受け取る”
〇子どもの言葉を“受け取る”
〇子どもが表現したものを“受け取る”
心を込めて、大切に受け取ってあげるようにしたいものです。
そして、感謝とともに親からの気持ちをそっと返してあげましょう!
幼稚園・保育園・一時保育[保育園(月保育・一時保育)/愛情教室/ベネッセこども英語教室]

あいラヴKIDs 保育園

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ

人気のキーワード