地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

♬ もうすぐ は~るですねぇ ♬  ”保育のまなざし”

 あいラヴKIDs 保育園のニュース

♬ もうすぐ は~るですねぇ ♬  ”保育のまなざし”
保育室に 桜が咲きました!
新川の桜も、今月下旬には咲きそうですね。。 公園にはタンポポが咲きました。
朝の会では、♪♪ はるがきた ♪♪ を歌い、すぐそこまで来ている春を感じています。

さて、“そばにいる大人のまなざしの質によって、子どもの育ちは大きく変わる” ということを教えてくれる『保育のまなざし』(井桁容子著)という本を、先日保育者の皆で読みました。そこからの学び、気づきの中で、保護者の皆さんにとっても大切だろうと思われるものをいくつかご紹介します。

〇子どもへのまなざしが、自分の(大人の)決めつけや思い込みになっていないか?
〇大人の勝手な解釈を加えない
〇子どもの行為の意味を考える前に、やめさせることばかり考えていないか?
〇子どもの遊びや行動には、子どもなりの意味や思いがある。大人目線ではなく、大人も子どもの姿を楽 しみ、見守り寄り添っていく
〇何をしようとしているのかな? 何に面白さを見つけているのか? どう感じているのだろう?というま なざしで見守る
〇子どもがいま見ている、感じている世界は、一つひとつが新しい発見であり、その時に感じたことを子 どもは素直に表現している
〇大人は、そのときに子どもがいる世界を守ってあげる配慮が大事!

大人の判断や常識は、子どもの世界では無用なものが多いのです。
子どもが行うことは、素直でまじめな子どもの思い、気持ちの表現であると見守り、受け入れてあげる。大人がゆとりをもって、子どもと一緒に楽しみたいものです。
幼稚園・保育園・一時保育[保育園(月保育・一時保育)/愛情教室/ベネッセこども英語教室]

あいラヴKIDs 保育園

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ