地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【おすなあそび だ~いすき】 自分をほめて!

 あいラヴKIDs 保育園のニュース

【おすなあそび だ~いすき】 自分をほめて!
何ヵ月ぶりかのお砂遊び再開です。
主に2歳児の子どもたちの活動になりますが、手足が汚れるのが嫌いな子もいろいろに変化する砂を楽しんでいじっています。
手は第二の脳といわれるぐらい多くの感覚神経がはりめぐらされていて、砂粒の大きさや湿り具合、冷たさや温かさ、重さ、ざらつき具合など、手からいろいろな刺激を受け取った大脳は活発に活動し、子どもの感覚的感性を大いに高めます。また、砂は頭の中で描かれたイメージを形として表現しやすいので、想像力と創造性を高めるのにうってつけです。

さて、叱ることにかかわる話を過去2回しましたが、子育てには心配がつきものですね。でも、心配事の多くは実際には起こらないと言ってもいいと思います。起こったとしてもすぐに忘れ、何を心配していたかさえわからなくなることが多くあります。何も心配しなくていい、今のままでもいいのです。

心配する代わりに、いつもがんばっている自分をほめましょう
脳内物質に、セロトニンという精神を安定させる物質(不足するとうつ病などの精神疾患になってしまう恐れがある)と、ドーパミンという心の活力剤のような働きをする物質(分泌されるとやる気がでる)があり、誰かにほめられるとセロトニンとドーパミンが分泌されるそうです。そして、これらの物質は自分をほめることでも分泌されるとのことです。

自分をほめる習慣がつくと、自分をありのままに受け入れやすくなります。自分をほめようと意識していると、自然と自分のいいところ・長所に目が向くようになります。自分のいいところを見つけるのがうまくなれば、自然と周りの人のいいところにも目が向くという好循環が生まれます。

〇よくできたね!
〇がんばってるね、わたし!
〇心配しなくても大丈夫。いいぞいいぞ!
〇わたし、こどもにいっぱい愛されているよ! など
自分をほめる習慣をつけて、どんどん楽しく、前向きな気持ちで過ごしましょう!

今日もいい1日が過ごせた!のひと言で一日を終えたいですね!!


幼稚園・保育園・一時保育[保育園(月保育・一時保育)/愛情教室/ベネッセこども英語教室]

あいラヴKIDs 保育園

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ