地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

【まちの情報】 市庁舎旧館2階南側庇部コンクリート片剥落事故について

2017年5月16日 更新

 この度、市庁舎旧館2階南側庇(ひさし)部のコンクリート片が剥落する事故が発生しましたので、ご報告いたします。
 市民の皆様に不安とご不便をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

通行の一部制限について

2017年5月16日更新
 

 市庁舎旧館南側庇部のコンクリート片が剥落する事故を受け、市庁舎外壁の修繕及び点検を実施しておりますが、安全を確保するため、カラーコーン等にて、市庁舎旧館及び新館周囲の通行を一部制限しています。
 来庁される際はご注意願います。

事故日時

 平成29年5月10日(水) 午前7時30分頃

事故現場

 八千代市庁舎旧館2階南側庇部

事故状況

 事故日時において、警備員が巡回中、旧館1階銀行ATM付近にコンクリート片(大きさ約17cm×7cm×5cm、重量約610gのほか3片。合計約1.4kg)が落ちていることを発見し、現場を確認したところ市庁舎旧館2階南側(子育て支援課部分)の庇部からコンクリート片が剥落していました。
 この事故によるけが人はありません。

事故対応

 職員による現地調査の結果、今回剥落した箇所以外にもコンクリート片の剥落が懸念される箇所が判明したことから、懸念箇所も含めて安全を確保するため、カラーコーン及びトラロープにて旧館南側の立ち入りを禁止しています。

今後について

 今後は剥落の危険がある箇所について、除去作業を実施する予定です。