地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八千代の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八千代の地域情報サイト「まいぷれ」

やちよ梨100年記念 公式サイト

やちよ梨100年のあゆみ ~梨づくり写真館~

やちよ梨100年のあゆみ

「やちよの梨」の礎を築いた、宮崎キヨシさん、宮崎規矩治(きくじ)さん

宮崎キヨシさん(右)、宮崎規矩治さん(左)
宮崎キヨシさん(右)、宮崎規矩治さん(左)
梨栽培は、大正3年に村上地区で宮崎キヨシさん、宮崎規矩治さんにより始められました。
水田が少なく、畑作物は麦とイモが主体だったこの土地で、『農家の苦しい生活を少しでもよいものにするには、梨づくりを成功させることだ』と二人は考え、「長十郎」と「早生赤」の苗木を250本購入し、村上の芋畑に初めて梨が植えられました。キヨシさん20歳、規矩治さん18歳の頃でした。

研究が結実、優秀な品質へ

初めて植えられた木(村上マルト梨園)
初めて植えられた木(村上マルト梨園)
失敗と研究を重ねながら続けた栽培の技術は向上し、昭和12年に東京の市場に出荷できるまでになりました。二人は、梨づくりを始める農家に研究した技術を教え広め、昭和23年には「阿蘇梨業組合」が発足、生産量も増え八千代市を代表する盛業になりました。

特色のある「やちよの梨」へ

梨づくりのノウハウを周囲に惜しみなく伝えた2人の徳を讃えた「頌徳之碑」(七百餘所神社向かい)
梨づくりのノウハウを周囲に惜しみなく伝えた2人の徳を讃えた「頌徳之碑」(七百餘所神社向かい)
梨づくりは、現在では八千代市内各地に広まり、66農家が「八千代市梨業組合」に加盟、「やちよの梨」の名前で更なるブランド化を目指して、梨の品質や技術向上に努めています。現在栽培されている品種は幸水、豊水、新高などが多く、また新品種や希少種の栽培への取組みや栽培の工夫など、梨園ごとに特色のある梨が登場しています。

梨づくり写真館

梨の木の下で。梨園の維持管理に忙しい合間、家族が揃った記念に一枚(昭和16年 上高野)
日本梨品評会で二十世紀梨を献上。若い世代は貪欲に経験者に学び、後継者の地位を確保して、その研究心と労力が優秀な品質に結実しました(昭和23 年阿蘇)
梨栽培から半世紀、活気に溢れる梨の選果場。一つずつ紙で包み緩衝材を敷く。多くの人たちの労力を必要としました。
写真・資料提供
 八千代市
 写真集『映りゆく故郷』(八千代市農協創立30周年記念誌)
 『わたしたちの八千代市』(八千代市教育委員会)

トップページへ戻る